豊中市で不用品回収を考えるなら読んでおきたいおすすめ記事

サイトマップ
作業員

不用品回収の行政と民間の違い

ソファを運ぶ人

不用品回収を依頼する先は、大きく分けて自治体と民間業者があり、料金体系や回収の方法などに関して次のような違いがあります。まず自治体の不用品や粗大ごみ回収を利用した場合、基本的に粗大ごみは1点ごとに運搬費用などがふくまれた回収費用が定められています。また、1点ずつの料金だけではなく、1回の回収で収集できる数量に限度を設けている自治体もあります。
粗大ごみ以外の小さなゴミに関しては、普段のゴミの収集日に無料もしくは有料のゴミ袋に入れて処分することができるので、費用は安く抑えることが出来ます。最近では自治体の中にも民間と同じように室内のゴミを片付けるところから対応してくれるところも増えてきているので、事前に最寄りの役所窓口で確認しておくと良いでしょう。
次に民間業者の場合、料金体系は業者ごとに様々です。例えば回収品の量や種類、作業の手間、車両手配費用などを総合的に計算して料金を見積もる業者や、処分対象となるものの量だけで料金を計算する業者などです。料金の決まり方は業者ごとに違いますが、多くの民間業者では、どのような現場でも対応可能、改修する数量に制限がない、連絡すればすぐに作業を依頼できるといった、行政よりも柔軟な物品の回収作業を行ってくれます。

  • ぬいぐるみとギター

    不用品回収を業者に頼む場合

    不用品回収を業者に頼む場合には事前に電話をしたり、見積もりをしてもらったりしてもらうと思います。業者によっては回収だけでなく、買い取りを行ってくれる業者もあります。また、重くてゴミ捨て場まで持っ…

    more
TOP